無料配信|バイブル システム手帳 自作リフィル3種

獏(ばく)
創作用のシステム手帳リフィルを作りました。

今回、創作用のリフィルを三種類(キャラクター、ネーム、プロット)作ったので、無料配信したいと思います。PDFデータへのリンクを貼っておくので、興味ある方はぜひダウンロードして使ってみてくださいね。

自作リフィル作りに必要なもの

カラープリンタ
印刷用データ
A4コピー用紙
カッターナイフ、カッターマット
長めの定規
穴あけパンチ
角丸パンチ(お好みで)

これらが揃っていればスムーズにリフィル作りができます。 途中で「道具がない!」という事態になると困るので、始めに一式そろえてからリフィル作りを開始すると作業も捗ります。
 

データをダウンロードして、印刷するときは『全面フチなし』、用紙の向きを『タテ』にしてください。 表面を印刷してから裏面を印刷してください。(裏面を印刷する際に向きが逆にならないように気をつけましょう)両面印刷用のデータですが、片面印刷のみでも使えます。

使用にあたっての注意事項

プリンタ環境がそれぞれ違うと思うのですが、両面印刷にズレが生じてもこちらで各環境に合わせて調整して直すことができないため、申し訳ないのですがそのあたりはご了承願います。データがずれないように中心に配置してはいるのですが数ミリ程度のズレはあるかもしれません。こちらもご了承ください。

リフィルづくりにおすすめの紙

自作リフィルを作るときに、紙が薄いとボールペンで記入したときに裏写りしてしまいます。そんなときには、『キャノン普通紙・ホワイト 両面厚口』という印刷用紙がおすすめです。厚口で真っ白なので、ボールペンの文字も裏写りせず、綺麗にリフィルのデータを印刷できます。

パンチで穴あけ、カットしたリフィルの四隅を角丸に

用紙に柄のついている方の向きにパンチで穴を開けた後、かどまるんを使ってリフィルの四隅を角丸にすると可愛く仕上がります。

ポイント

リフィルの四隅を角丸にすると、可愛いだけではなく耐久性も上がります。
インデックスをカットする際には、金属の定規を使うと定規に傷がつきません。
 
使用例
これはリフィルにパソコン上でデータを入力して印刷したものです。穴を開けて四隅を角丸にして手帳に綴じた状態で、使用感はこんな感じになります。ピンクのストライプの柄はリングの方向に入るようになっています。

ネームリフィルの漫画のネームを書き込むスペースはかなり小さいので、普段小さいサイズでネームを描いている人向けです。(獏は小さくネームを描くのでこれで事足りるのですが、大きなスペースが必要な方がいましたら申し訳ありません…!)

ABOUT THE AUTHOR

夢幻劇場一次創作ブログ獏(ばく)
一次創作(ファンタジー / 現代 / 和風 / おじさんと少女 / ロボ)が好き。HNの由来は「悪い夢を食べて、良い夢を見せてくれる」という動物の獏から。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

SPONSORED LINK

 

Return Top