オリジナルの404エラーページからリダイレクトする方法

獏(ばく)
オリジナルのエラーページを作って、アクセスしてくれた方をトップページに案内したいんだけど、やり方がわからない…。

サイトの移転やドメインの移行をしたとき、旧ページにアクセスするとページがなくなっているため、404エラーのページが出ます。これだとせっかく内容を見ようとアクセスしてくれた方をがっかりさせてしまいますよね。

そこで、404エラーが起きた際に『404エラーページをオリジナルデザインにして表示』し、メタタグの設定で『~秒後にトップページへリダイレクトする』方法を紹介したいと思います。

404エラーページとは?

ページが見つからないときに表示される

削除されたページにアクセスしたとき
間違ったURLを入力したとき

404エラーページとは、指定したURLが見つからないときに表示されるページのことです。「File not found」の表示が出ます。

主なエラー

403エラー ⇒ ページのアクセス権がない場合に表示されます。
404エラー ⇒ ページが見つからない場合に表示されます。
500エラー ⇒ CGIにエラーがある場合に表示されます。

オリジナルのエラーページの表示設定

エラーページを作成するには、『.htaccess』ファイルを用意する必要があります。この『.htaccess』ファイルに数行書き加えて、サーバーにアップするだけでオリジナルのエラーページを表示できます。『.htaccess』ファイルに書き込むのは以下の3行になります。

ErrorDocument 403 https://dream-theater-blog.com/error.html
ErrorDocument 404 https://dream-theater-blog.com/error.html
ErrorDocument 500 https://dream-theater-blog.com/error.html

※URLはご自分のサイトアドレスに変更してください。

『.htaccess』ファイルを作成と合わせて、エラーページも作成します。エラーページのデザインは自由にしてもらって構いません。CSSはHTMLファイル内に書くとかさばりません。(画像を使う場合は必ず絶対パスで、http から指定して下さい)

メタタグで~秒後にリダイレクトする設定

エラーページから任意のページへ自動でリダイレクトする場合、~内に〈META HTTP-EQUIV=”Refresh” CONTENT=”5;URL=転送先URL”〉(※コピペする際は〈〉を半角に直してください)を加えてください。CONTENT=”10; は何秒後にリダイレクトさせるかの設定です。

実際にエラーページを表示させてみる

新しくフォルダを作って任意の名前を付け、『.htaccess』ファイルとエラーページを入れます。そのフォルダを表示させたいレンタルサーバーの直下にアップロードします。これで、オリジナルの404エラーページが表示されるようになります。

ドメイン移行の際に使ったエラーページ

WordPressの場合

WordPressでは404エラーの場合、トップページを表示するようになっていますが、テーマフォルダ直下に404.phpを設置すると、優先的にぞちらを404ページとして表示してくれます。作成した404ページは404.phpとして保存するといいと思います。

まとめ|エラーページに案内があるとユーザーに親切

ページが見つからなかった際に、一言でもメッセージや案内があると安心しますよね。ユーザービリティを高めたい場合に、オリジナルの404エラーページの作成は役に立つと思います。エラーページに検索窓を設定して、その場でサイト内検索ができるようにするのもいいかもしれませんね。

今回の記事が、サイト移転やドメイン移行の際にオリジナルの404エラーページを設定したい方のお役に立てれば幸いです。

ABOUT THE AUTHOR

夢幻劇場一次創作ブログ獏(ばく)
一次創作(ファンタジー / 現代 / 和風 / おじさんと少女 / ロボ)が好き。HNの由来は「悪い夢を食べて、良い夢を見せてくれる」という動物の獏から。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

SPONSORED LINK

 

Return Top